Nifmo ネットワーク安定性 通信速度

Nifmo ネットワーク安定性と通信速度に定評あり!

言わずと知れた通信大手NiftyのMVNO子会社で、昨年11月に格安Simブランドとして運用開始されたばかりの後発企業ですが、親会社はご存じの通り富士通。PC購入時にNiftyとのプロバイダー契約をされている方も多いかと思います。

 

さて、格安Simブランド Nifmoですが、まず耳に入ってくることと言えば、他社に比べ、「ネットワークが安定しており通信速度が速い」ということ。

 

MVNO特有の話ですが、アクセス数 接続時間帯等によって通信速度は大きく上下することは知られております。どの会社もアクセス数が集中する時間帯はほぼ同じであり、このアクセス集中時間帯でバックボーンが細い業者はためらいもなく「トラフィック(帯域)制限」を掛けてきます。アクセス者全体の速度に制限を掛け、均等化し低速であっても通信しやすくするものです。

 

前置きが長くなりましたが、今回紹介する格安Simブランド「Nifmo」ですが、現時点での話になりますが、時間帯を問わず「ネットワークが安定して高速」という印象です。

 

前述のようにバックボーン回線や契約者数に通信速度は大きく影響することはわかっておりますが、今回紹介した「Nifmo」はバックボーン回線では IIJmio、OCNモバイルに肩を並べると言われております。ただ後発企業ですので単に契約者数が少ない?「3日制限※」があるから?とも考えられておりその点は定かではありません。ただ現状、他社と比較して、車ではありませんが「高速安定性」は抜群と言えるでしょう。

 

※直近3日間に500MBを超える通信をした場合制限が掛かります。いわゆるこれを3日制限といいます。この制限はデータ容量に余裕があった場合でも制限が掛けられるようですので注意が必要です。

 

過去に行われた満足度調査(MMD研究所調べ)では、「日本通信(b-mobile)」が通信品質や速度低下により評価を大きく落としたことは知られておりますので、格安Simにおいては、単に月額が安いからと飛びつくことだけはしないほうがよいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

⇒格安スマホ 機種の詳細

関連ページ

楽天モバイル評判 機種が豊富で通話プランがお得!
楽天モバイル評判は?日本代表 本田選手のCMでおなじみ、真向勝負の格安スマホ!SIMフリーのハイスペック機種を、お得な価格で使いたい方に!
ワイモバイルでスマホ おすすめポイントとデメリット
Y!mobile(ワイモバイル)は、契約者1000万人を超す第四の携帯会社(キャリア)、ドコモやauとは違い、MVNOのような安い料金設定でスマホが使えます。おすすめポイントや契約前の気を付けたいデメリットポイントをまとめてみました!
ワイモバイル スマホ 本体価格は?使い心地は?
ワイモバイル(Y!mobile)の扱うスマホの本体価格はどれくらいでしょうか?格安スマホを選ぶ基準って?
OCNモバイルONE 専用アプリでパケット節約♪
OCNモバイルONE専用アプリは、NTTブランドのバックアップも手伝って、現在、最も人気のあるMVNO!その実力でパケット代はいくらの節約なるか?
OCNモバイルONE 110MBプランを使ってみました!
OCNモバイルONEの110MBプランを実際に使ってみました。日割り計算ができる格安SIM,そして面白いのは月割りプラン3GBよりも、割安になるんです!
U-mobile 評判・lte使い放題が業界最安値!
U-mobileの評判は?高速通信 lte使い放題が業界最安値で利用できる株式会社U-nextの格安SIM.シムフリーのスマホ代こみで、月額3000円以下で利用できるのは必見!
DMM mobile(ディーエムエムモバイル)の格安っぷりがスゴイ
業界で最安値を維持すると宣言しているDMM mobile(ディーエムエムモバイル)、高速通信でとにかく安く格安で使いたい人は要チェック!
ニフティ 初心者にやさしい「訪問レクチャ」
ニフティ(nifty)は、MVNOの中では初心者向けといえるサービス業者です。訪問サービスに定評があります。