格安SIM スマホ料金削減

格安SIMとは?(スマホ料金削減)

 

格安SIMとは?(スマホ料金削減)のテキスト講座解説

 

みなさん、こんにちは〜。
アンビションFPのヤマダリョウです。
この動画をご覧いただきありがとうございます!
さて、今回の動画はですね、身近なところのお金をよくしていこうじゃないか、ということで、
今回からの、ちょっとシリーズにしていこうと思うのですが、テーマはですね、
見えるかな?ハイ、スマートフォンですね、スマホの料金を削減しようじゃないかというのがテーマになります。
でですね、スマートフォンというと、大体の人がauかdocomoかソフトバンクですね、この3つ。
あと、ワイモバイル、この4つどこかで契約をしているかと思います。
でそうするとですね、料金が、
まあ基本料金がこれくらい(注:スマホ代=月6000円〜)いかないくらいで、
LTEが、、、LTEって高速のインターネット通信ですね、
ま、使い放題のやつが5200円で、合計して6000円くらいから、人によって7000円、8000円。
あと、ドコモさんですと、新プランで通話し放題で2700円だったかな、っていうのもあると思うんですが、ま、大体の人は今こんな感じだと思います。(注:手書きのスマホ料金削減の表を指し示しながらの説明。)

 

それでですね、これなんですが、月6000円位すると。
人によっては高いなぁって思うかも知れません。。
で、僕も結構そう思う人なんですけど、
そこでですね、もっと安くする方法ないの?というのが今日のテーマになってます。
ま、結論からいえば、あります。
(注:手書きのボードに更に情報を書き込んでいるヤマダさん。)
ま、人にもよるんですが、
本当に上手い使い方、あんま使わないよって人に関しては、
えー月1000円からですね、
1000円位からスマートフォンを使うことができるよと、
こういうのがあるんですね、

 

ただ、みんながみんなコレ1000円で使えるわけじゃなくて、
条件があるんで、
二つですね、一つ目です。

 

外でホニャホニャを見ないよ。
二つ目、キャリアがドコモがauであること。

 

残念ながら、ソフトバンクはちょっとこれ難しいんで、基本ドコモかなって、
思ってください。
auもできなくはないです。

 

じゃあですね、何を見ない人かって話なんですが、(注:先述の一つ目の条件)
こちらですね、動画ですね。
動画ってすごいデータをちょっと使ってしまうので、データ通信たくさんしなくてはいけないので、動画を外で見るような人はこの方法は出来ないかなって思ってください。

 

じゃあですね、これどうやってやるの?って話じゃないですか?
何を使うかっていうとですね、右上に書いてある格安SIMってのを使うんです。

 

格安SIMって何?って話じゃないですか?
なに?コノSIMって?
ということで、まずですね、SIM(シム)って何?って話なんですよ。

 

なんじゃこりゃ?と。SIM(シム)というのはですね、これ今スマートフォンがあるんですけども、ここのところアイフォンですと、横にちっちゃい穴があると思うんですよ。
見えますかね?(注:手にiPhoneを持ち、横のちっちゃな穴の場所を説明)
ちっちゃい穴ですね、で、この穴の所にですね、本体の箱についていたピン、
こいつですね、(注:ピンを手に持ち説明)こいつを差し込むと、
ポコっていう風に、ちょっと見えるかな?
出てくるんですね。
普通の人ですと、この中にSIMカードが入ってます。
僕のは、ちょっと入ってないんですけど、
で、ここの中にSIMカード、これですね。このちっちゃい、
これナノSIMってやつなんですけど、これを使うと、
これを中に入れることによって、データ通信が出来たり、ま、インターネットですね、
インターネットが出来たり、あと、電話がかけられたりメールが出来たりとか、
あと、LINEとかのやり取りが出来たりすると、
こういう風になってるんですね。

 

で、基本的には普通のau、ドコモ、ソフトバンクさんで、このSIMカードを一緒に入れて、このカードを使ってデータ通信をしますと。

 

で、そのSIMのカードは、ま、アイフォンなりとかギャラクシーとか色々あるじゃないですか、
それによって変わるんですけど、
サイズが3種類ありまして、普通のSIM、マイクロSIM、ナノSIMですね。

 

ま、この3つ、見えるかな?
この3つ種類があるんですね、ま、このSIMカードっていうのを使ってデータ通信をすると。
じゃあですよ、格安ってついてるんですけど、
これなんですか?と、これが今日のメインで、格安SIMというのは、
今言った、au、ドコモ、ソフトバンク以外が出してるSIM(シム)だって、思ってください。
で、どんな会社があるかっていうと、一つがOCN・他にもたくさんあるんですけど、あとは、ビックカメラ(Bicsim)さんも出してます。
あとは、こちらau向けなんですが、マイネオ(maineo)っていうSIMのもあるんですね。以上3つ、
ちょっと赤で書きましたが、(注:ボードに格安SIMの説明を書き込む)
OCN・Bic sim・maineoっていうSIMですね。
こういったau・ドコモ・ソフトバンク以外の会社も、実はこのSIMカードっていうのを出していて、なんで格安かっていったら、まんまで値段が安いんですよ。
使い方にもよるんですけど、まあ、2ギガの通信だ、あと電話使うぞとかなると、月1500円位から、1ギガで会社によっては1000円以下のもあるんですけど、ま、これくらいで使うことが出来るよ、と。

 

でですね、じゃあなんでこんな安いの?って話じゃないですか?
だって可笑しいでしょ、こっち5200円が(注:大手キャリア⇒au・ドコモ・ソフトバンクのLTE料金)こっち1500円なの?(注:格安SIMの料金)と、これですね、別にこっちauとかが、ぼったくってるワケじゃなくてですね、条件があるんですよ。
で、条件は二つで、
一つ目が、データの通信量が決められてます。
具体的にはですね、まずキャリアさんの方、au・ドコモ・ソフトバンクっていうのは、新プランに関してはちょっと違うんですが、今までは、こちらですね、7GB(7ギガバイト)、7GBまでは高速で使い放題ですよ、っていうのをやってたんですね。
それに対して、今言ったこの格安SIMはですね、ちょっと違って、ま、モノにもよるんですが、2〜3GBぐらいですかね、1GBもあるんですけど、ま、2〜3GBぐらいまで、これ高速で使えますよって。
だから、7GB使わないんだけど、2GBありゃ十分だよ、3GBありゃいいかな?って人には、こっちのが魅力的ですね、これが一つ目の条件。

 

もう一つ、オプションってのが使えないのが安い理由ですね、
えー、例えばテザリング、、、スマートフォンの、例えばこのアイフォンを使って、これパソコンにつなぐと、ま、コードかなんかでね、でそのコードをつないだパソコンをスマートフォンの回線を使って、インターネットに接続をするよと、というのがテザリングっていう機能で、それがau・ドコモ・ソフトバンクは使えるんですね。
ただですね、今回の格安SIMに関してはこのオプションが使えません。
だから、そういった機能は使わないよ、
そんなに通信もしないよっていう人のためにあるものだって思ってください。
というコトで、とりあえずいったんここまでにしようかなって思います。
で、おさらいしましょうか。

 

今日のテーマは、身近なお金をよくしようって事で、スマートフォンの料金削減を説明しました、と。

 

基本、月6000円ぐらいなのを、ホントに安く使うと1000円ぐらいからやることができると、
条件は外で動画を見ない。
で、ドコモ、auさんだと。
何を使うかっていうと、格安SIM(シム)ってのを使います。
格安SIMっていうのは、au・ドコモ・ソフトバンク以外の会社が出しているSIMカードで、データ通信、、、そんなに2、3GBぐらいしかないよと、オプションも使えないよと。
っていう条件があるから、キャリアさんより安くデータ通信が出来るよってなってます、と。
で、最後にですね、ごめんなさい、言い忘れてた。
なんで動画見る人ダメなの?って話なんですが、
動画ってホント、データをたくさん通信するんですね。
ちょっとコレ補足で、さっきキャリアさんは7GBだとか言ったんですが、

 

じゃあ、1GBってそもそもどれくらいなの?って話じゃないですか。
1GB(1000MB)っていうのは、
インターネットのサイトですね、こちらですと4338ページ分、ま、見て画面が表示されるのが、それ位の回数ですね。
これで、1GBです。
メールだと、ちょっと見えないかな?20万4800通ですね、これで1GBくらいです。
動画に関しては、えーとですね、普通の標準の画質、そんなにキレイじゃない画質で、ま、500分くらい。、、意外に短いですね。
大体、ふつう動画が5分とか長くて10分、15分位だと思うので、
あまり毎日頻繁に見てるようだと、これはすぐ終わってしまうと、なので、
外で頻繁に動画を見る人は、どうしても、2,3GBじゃ足りないって事が多いので、この方法、これですね(注:スマホ料金削減のボードを見せる)この方法はおススメできないよって事ですと。
っていうことで、いったんここで切ろうと思います。
最後まで聞いていただきありがとうございました!!

 

 

 

 

で、結局のトコロ、どこで格安スマホを手に入れる?

 

※SIMフリーのスマホ端末を使用すると、
格安スマホでもテザリングは出来ます。
格安SIMを販売している会社(MVNO)は、格安SIMとSIMフリーの端末をセットで販売しているプランもありますので、その場合、au・ドコモ・ソフトバンクいずれのキャリアを今現在、使用していても、格安スマホへの乗り換えは大丈夫ですよ。

 

⇒格安スマホ端末セットのプランを見てみる!

関連ページ

iPhone 格安SIMカードを使って最安で使いたい!
iPhoneで、MVNOの格安SIMを使うには?キャリア別、SIMフリー、白ロム端末などごとに説明しています。iPhone で、毎月の携帯代金を安くしたい!!
SIMフリースマホ比較しよう!今、日本で買える端末は?
SIMフリースマホ 比較して選ぶ!今、日本で買える端末で買い時なのはどれ???
ドコモ格安スマホとして使う時の注意点ってありますか?
SIMロック解除が解禁されて、ドコモをはじめ、au、ソフトバンク、キャリアのスマホから、格安SIMが使いやすくなりました。が、それ以前のドコモのスマホ端末を使っていて、格安SIMを利用する場合には、切り替える前に知っておいたほうがいいこともいくつか。。。
SIMフリー端末 デメリットが?それ何?
SIMフリー端末が、大手キャリアSIMロック解除の話題にともなって、同時に話題になってますが、メリットばかりなのですか?デメリットもあるのでは?
格安スマホのデメリットはあるんでしょうか?
教えてください!格安スマホってデメリットはあるんでしょうか?安かろう悪かろうだと、乗り換えるのに躊躇しちゃうんですよね、
SIMフリー端末 通信料金の節約マニュアル
格安スマホとして、SIMフリー端末を使う上で通信料金の節約は大事なポイント!節約することで、更なる通信費の削減に!
格安Sim モバイルルーターで使うメリットは?
格安SIMをモバイルルーターで使うときの注意点、メリットをまとめています。
SIMロック解除【ソフトバンク/au/ドコモ/iPone】
SIMロック解除が始まり、大手キャリアのソフトバンク・au・ドコモで購入したスマホもキャリアを関係なく使えるようになりました! iPoneのSIMロック解除について。
SIMロック解除 解約後のスマホ端末でも出来る?中古スマホ端末は?
キャリアの回線を解約したスマホ端末で、SIMロックを解除する方法です。中古スマホ端末(白ロム)は?